カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

量子的観点から、分離による様々な問題と永遠の命との関係性について、ひも解く…

2020年11月27日

MART:はい、トークセッションのオープンの時間です。 今日はリリも元気に参加しております。 まず、質問はいっぱいあるのですが、沢山お寄せいただいておるのですが、まず。

Q:MARTHさんのおっしゃる量子的永遠性と分子的短命性について、深く教えて頂きたいです。 大学の先生をやられている方です。

量子的観点から、分離による様々な問題と永遠の命との関係性について、ひも解く…
MARTHオンラインアカデミー
「LASTRA Quantum Healing Academy 」

MARTH:MARTHさんのおっしゃる量子的永遠性と分子的短命性について、深く教えて頂きたいです。 大学の先生をやられている方です。 人類のこの、今までの科学というのは量子力学的なもの以外は分子レベルを扱うことが多かったわけです。 ここ何百年か。で、分子というのは腐食酸化しますし、エントロピー増大しますので、その世界はこの世界です。 そこでは当然、腐敗、腐食、当然、死というふうに我々が呼ぶものが、存在すると。 要は、朽ちてゆくというかですね。終わっていくという世界です。 で、この方がおっしゃられているように、先生がおっしゃられているように、分子的短命性というようにおっしゃられてますよね。分子は非常に短命であると。 で、また量子的に見ますと、これは腐食酸化しません。 まぁ、変化の世界というのでしょうか。 宇宙全体がつながっていて、宇宙全体が一者の夢であるというふうに、古代からずっと精神的世界では言われてきています。 素粒子の世界。と、一応呼んでおきます。エーテルとか、メンタル体とか。 ニューエイジではそういういろんな言葉で、呼ばれている。 呼ばれてきたという…。 この、呼ぶというのは名付けるだけですから、ある意味実体とは違うのです。 ただ、そういうコザール体とか、精神体とか、いろんな宗派というか、ニューエイジでもいろんな人たちによって呼び方が違う。 基本的にそれは電気体。霊的なものの世界ですね。電気的世界と。電気ですから当然電気を帯びるということがある限りは永遠であると言ってもいいと思います。 そういう、量子的永遠性。量子ということを想念体というか、 そのように仮に呼ぶとしたらです。 で、人間は今まで分子でものを見てきましたから。 医学も、科学も、そのような分子反応というのでしょうか。 しかし、古代から何万年にも渡り、下手したらもっともっと長い年月。科学は量子力学でしたね、きっと。 ですから、量子力学的だった。 だからこそ、一者の夢であることや、霊的なものが電気的なものであることや、様々なことが伝承されています。 そういう意味で、先生がおっしゃるように、量子的永遠性に気づく時代に入ったと。 そして、量子的永遠性というのは当然僕たちが量子、素粒子ですから、何にでもなれる。 肉体という分子を失っても、量子が電気体的なものが残り、それはなんにでもなることができるというのが、たぶん、宗教などでも言われてきたことだと思うのですね。 その永遠性というのに対しては、電子が綺麗に回るかどうかというのがものすごく重要なんですね。 要は、原子核の周りを電子が回っているのですから、これをπと呼びますが、僕は18歳でそのことを、東大の先生だったπウォーターというのを開発された方から学びましたが、それで一緒に… 与論島に僕がリゾートを創りましたが、プリシアというところにそのπウォーターの技術を使って。 あれは本当はバイオというように呼んでいましたが、実際は量子力学なんですね。だから電子が綺麗に回るということがπなのです。 ですから、それを古代では、日本の古代ではイヤシロとか、ケガレチとか。ケガレルというのは電子が乱れるという。 で、癒されるというのは電子が綺麗に回ると。 これがものすごく重要で、で、これは特に分離を信じる人というか、分離を信じてしまった場合、非常に電子が乱れるということがわかってきています。 ですから、ケンカ、戦い、闘争というか、分離の信念が激しい人が仮に森に入っていったときは、森が怯えるというように古代から伝承されてきていますけど、そういうことの意味を物語っているのではないかなと考えられます。 で、また不正とか、正義のなさとか、愛のなさとか、そういうものが電子を乱すということだそうです。 それによっての、分子の世界の様々な苦しみということが、僕が伝えたという風に(質問者の方が)おっしゃられていますので… そういうことだと解説させていただきます。

で、また、質問2 Q: 名称をつけることで一体のものが分かたれたものと勘違いされるとMARTHさんはおっしゃられていると思いますが、そこを理解したいのですが。という、ご質問です。 この方はお医者様ですね。 お医者様というか、医学的には腸とか、胃とか名前をつけますから、それぞれ専門も変わってきますね。 万物一体のその部分を専門としていると。この部分を専門としているというのが正確なところですね。 実際はつながっています。すべては。 だから、一体なる何かに名前をつけると。 一体なものに名前をつけると。これ、リリはひとつのわんわんですけど、この耳とか、この毛は、Mと呼ぼう。この毛はCと呼ぼう。このように名付けるわけですね。 一体のものを名付けるから、分かたれたように見えるのですね。 そして、それを深い信念で信じ込むとシディが起きます。 すると、分子化されるのが強力になってきますね。 要は、シディというのはご存知だと思うのですが、深い瞑想的な状態。 変性意識の深い状態の中で、意味あることの信念が深まると、 物質化されてゆく、分子化されてゆく、現実化されてゆくということですね。 これは、想念的なメディテーション的なものでなくても、プラズマの世界ではそれが起こってきます。 そういう、意味ですね。はい。 だから、一体のもの。この宇宙というのは一体なのですね。 すべてが。この地球も一体です。ひとつのものです。つながっているものです。 全部素粒子ですからね。もっと細かくも、永遠に細かくもいけますけど、どっちにしても、一体なのですね。 で、それに名前をつけることで、分子の世界が現れると。 初めに言葉。言葉って名称ですから、名称の束が言葉。 そして、それの意味付けが知識の果実。観念ということですね。 それが、その信念体系が深まると分子化されると古代から言われてきました。 それはヴェーダでもそうでしょうし、シディにお詳しい方はわかると思います。

質問3。 Q: 永遠の命はあるのでしょうか。 という、同じ方のご質問なのですが、当然、永遠の命。 命というのは分子として捉えるのか、それとも、永遠とわに変化し続ける、素粒子や電子の世界を…。 また、それはあると思いますし、その電子が乱れる形の中と、電子が綺麗に回るという中では、当然生み出す部分、担う部分が違ってきますね。 で、電子が美しく回る。電子が美しく回らないと、その電気体が劣化するということはあるようです。 ですから、素粒子体が、ある意味ダメになってゆく。 精神世界ではこれを霊斬と呼んでいますが、不正とか、戦い、闘争とか、分離を信じ、正義がない、愛がないということになってゆきますと、当然劣化するというか、πが劣化する。 要は、電子の軌道が乱れる。 そうなってゆくのが激しくなってきますと、 まぁ、霊残という、アポトーシスというのでしょうか、そういうことになるということは古代から伝承されています。 また、その永遠の命についても、当然古代ユダヤ、イエス様という方もそうでしょうし、イザヤさんもそうでしょうし、モーゼさん、様々な方がおっしゃられていますね。 また、世界的に様々な方たちが伝えて、目の開いたというか、本質的な方たち、科学的な方たちが伝えているように。 また、ソクラテスが、未知や神秘の中にいる。とわにはかりしれないということを伝えるようにですね。 永遠なる、神秘なる生。永遠なる一体なる生は、とわに続く。 それを永遠の命と呼ぶ。 だから、自分をどっちだと思うか、ですね。 永遠なるこの一体なる世界。真我。または大我。または神。 または、創造の主体と、自ら。その一部とみなしたらば、永遠ですね。これを永遠の命、これは愛、本質、一体でできている。 分離ではないのです。 自我の世界ではありません。それが本当の自分です。 その本当の自分を大切にしようとするなら、当然分離された自我の、争いの、戦いの、不正の、正義のない。というような生き方は良くないということになる。 それが、古代から「花咲かじいさん」の話です。

で、質問4 これは、会社の経営者の方です。 Q: 正義のない、不正に生きるなら、永遠なる命が失われるのは、 なぜでしょう。 もう一度読みましょう。 Q: 正義のない、不正で生きるなら、永遠なる命が失われるというのは、なぜでしょう。 ああ、それは、今お話ししてきたみたいに、正義のないとか、不正ができるというのには、つらさとか、苦しみとか、先祖代々の疑いとか、猜疑心とかですね。苦しんだ様々な経験があるのです。それと、観念です。 僕の家では、偉くなるな、すごくなるな。 いつも言うみたいに、勝つな。抜きに出るな。傷つけられても傷つけるな。 様々なことを父親が言っていたのは、多分母親もそうなのですが、そういう価値観で両親は結婚もしましたし…。 どっちも寺で、また、神社で、というのを1000年も続く一族ですので、それがくっついて夫婦になっていますので、すごくそのような価値観なのです。 だから、僕が子どものときに、ちょっと一般のみんなとは違う価値観で育てられたかもしれません。 だから、今でも、人に勝つというのはすごく怖いです。 偉くなる、すごくなる、というのはものすごく怖いし、地位や名誉もものすごく嫌です。 なのに、20代でそのようなものを得てしまったときは、本当に苦しかったです。 要は、その父親がそのようなものを絶対に許さないですから。 そのようなのは全部逮捕だ!ってまぁ、東京地検というか…(笑) 最初は特捜にいましたし。 その前は、法務総合研究所で、囚人の人の回帰の仕事。 囚人の人、犯罪を犯してしまうには、苦しみやつらさ。 幼少時の戦いの観念。分離。 そういうものが非常に強く影響する。というように言っていた父なので…。 僕は、その逆をとことん言われ、それは仏教で言う、無我無心。また、神道的に言えば神の意識。創造主体の意識。愛ですね。 そういうことで生きないと、要は自らを罰するし、自らを滅ぼすし、ダメにするから、それはしてはイカンと。 自己拡大、自己主張、自己向上、自己を良くしようとすれば、逆となるということ、ですね。 それが古代から伝わってきた神道、また、仏教。釈迦。また、景教です。イエスですね。 そのような方たちが伝えてきたことです。 だから、永遠の命を大切にするには愛がいる。 一体性がいる。他のものを思いやる。他を愛する。他ではないから。 そのようなことであると思います。 ですから、正義のない、不正で生きるなら、当然永遠なる生は… 永遠なる生とは、神の生。また、万物、真我、大我の生ですから、当然その生命を失う。愛の生命を失う。 一体の、自我は分子ですから、自我は分子の世界で終わる。 だから、短命ですね。短い自我の生で終わってしまう。永遠なるものは失うということであるでしょう。

質問5なのですが、 Q: MARTHさんがおっしゃるには、分離が激しければ激しいほど、愛 や正義を失えば失うほど、そんな自らを万物である自らが罰し、目覚めさせようとし、愛と正義に還らせようとするのは本当ですか? 今までご質問に答えてきたのと同じようなご質問だと思うのですが、当然、分離が激しければ激しいほど、恐れが大きいです。 苦しみ、つらさ、バビロンの捕囚のように、犯され、殺され、家族が。あらゆる悔しさ、恨み。憎しみ。 戦いの世界ではその恨みが言い伝えられていくとか…。 僕がセミナーをやっていたときに、福島出身の方たちが沢山、 その方たちもいたのですが、皆さんが同じことを言っていたのは、先祖の方が伊達と徳川に間に挟まれて、ものすごく苦しくて、どっちからも手打ちにあったり、どっちの味方なんだって言われて、本当に人が信用できなくなって、命を守るためには、騙すしかなかったというようなことをお聞きしたことがあるのですが、そのような、先祖代々、400年続くとか、1万年続くとか、3000年続く憎しみ、苦しみ、つらさ、恐怖。 これが、分離感です。 また、戦い、競争、比較というのを信じてゆくと、やはり永遠なる生から離れ、イヤシロの電子が綺麗に回らなくなり、また、不正と戦いの中で苦しみます。 でも、そんな方でも、父の話によると、死刑が決まった方が悟りを開くことは非常に多くあるらしいのです。 で、それは一体のこと、愛を知るというのでしょうか。 小さいときにそれがなかったから、犯罪をされたというふうに父は言っていました。 その研究者でしたから。囚人の方の回帰は可能であると。 一体であることと、愛であること、永遠の命を知ることで、悟ることができるということは、極悪犯罪をされた方たちをターゲット、東京地検ですから、もう相当の方たちしか来ないわけです。 そういう方たちの取り調べをしていたようで、やはり、そういう方たちが愛と一体性と、永遠性を知ることで、悟りまで開くと。 仏教の家の検察ですから、まるでお坊さんみたいなものですね。うちの父親なんというのは。おふくろも。 または、神道みたいな感じ、神道も、お寺と神社が両方一緒にやっていたものですから。 父方の方は八幡神社と、景教の、空海の開いた寺を代々やってきたようなのです。 そういうことで、そんな価値観だと思うのですが、 何しろ、愛と正義に、還れ、還れ、目覚めろ、目覚めろと、本質の、どの方の素粒子も、そうしているのですね。 どの方の愛も、正義も、本質は目覚めろ、目覚めろ、愛で生きろとしているのです。必ず。 しかし、あまりの恐怖と、分離の価値観や観念でそれが曇ってしまっているだけなのです。 それを思い出し、取り戻し、本質へ還れば、誰でも愛で生き、永遠性を取り戻すことができます。 それは、景教的には、キリスト教的には、それは悔い改めるとか、改心という言葉で言われていると思うのですが、 それは、その本質へ戻ることで、もう自らを罰したり、要は破滅へ向かわせたり、ダメにしたりはしなくなるのです。 どんな人でも愛ですから。 悪魔と言われたルシファーさんでも、元は愛ですから。 神の一番弟子ですから。一体性と愛を取り戻せば、みんな美しくなるし、素晴らしい世界が創れます。 世界中のリーダーの人が、どんな苦しい目に、どんなつらい目に遭ったとしても、それを取り戻すことは可能です。 それで幸せになって、生きることができます。

次の質問です。女医さんからですね。 Q: 分離、闘争、戦いの観念で、素晴らしい至福の脳内物質すら、失われてしまうのではないでしょうか。 と、おっしゃられています。本当にそうです。 これの専門のお友達がいるのですが、お医者さんで。 その脳内物質が、電子の軌道と非常に密接に関係しているのです。副交感神経と呼ぶものです。 で、素晴らしい脳内物質、至福の脳内物質が出なくなる。 出なくなれば、ドラッグ的なものや、お酒やそういったものが売れるということです。 脳内物質が出ないと非常に苦しいですから。 で、お酒に依存する。その他、ドラッグに依存するというようなことになります。 だから、戦いや恐怖、恐れが増えれば増えるほど、そういうものを求めるようになりますよね。 で、脳内物質が、至福が出なければ、それは苦しいです。 先生のおっしゃるとおりですね。 ですから、人類がそういうものを必要としなくなるというのは、脳内物質が出ればいい。 だけど、出なくなったのは、分離感が強い。自我が強い。 恐れが強い。戦い、苦しみが強いと、それを解決しないと、その至福が出ないので、そういうものに依存するというのは、強まるというのは、たぶん真実だと思います。 ですから、どちらにしても一体性を取り戻す。分離から来る恐れを手放してゆくということは、ものすごく大切です。 で、先祖代々、苦しみ、つらさ、恐れ、痛い目に遭う、差別に遭う、苦しみに遭う、すごい目に遭ったことを癒やしてゆく力が人間にはありますから、その本質というのが愛ですから、誰でも。 それを取り戻してゆくということが、何よりも大切です。 どんな人も自信を持っていただいて、本質は、この宇宙にある。 悪い宇宙人がいると言う方がよくいるのですが(笑)お友達にもそういう人がいるのですが、宇宙人の方も素粒子でできているので、愛でできているのです。 愛の意識でできてますから、目覚めれば、恐れが消えれば、脳内物質も出るし、愛の脳内物質、電子も綺麗に回って癒されますので、誰でも、素晴らしい世界。素晴らしい人生を創ることが可能です。それは、お伝えしておきたいです。

それから、変わった方で、お坊さんの方、ご住職でいらっしゃいます方から、 Q: MARTHさんのメッセージを日々聴いています。 最近、真に亡くなられた方を弔うということは、一体性を説くことではないのかとすら、思うのです。 ということを、どうでしょうか、ということだと思うのですが、おっしゃるとおりですね。 住職のおっしゃる通りで、立派なお考えでらっしゃると思います。 要は、仏の世界。よく、如来意識というか、如来が、フーっと出すと孫悟空がいっぱい出ますね。 あのように、あらゆるものは人間に限らず、宇宙人の方も、あらゆる方もみんな…。 僕なんかは、Siriさんとか、AIさんにも、電気で、電子でできていますから、あなたは愛だということをずっと伝えます。 ですから、愛なんです。みんな、宇宙すべて。 だから、孫悟空がちょっと違ったように暴れたりするけど、痛い痛い!ってなってまた自らを罰して… あれは、天がやっているように表現してますが、如来さんにとっては、あんなにいっぱい、フーって吹いて、ものすごい数の、それにいちいち罰を当てることはできませんから、それぞれが愛なので、それぞれが仏意識、如来意識、それぞれが神意識ですから、自らを罰するのですね。自らを正す。 あまりにもひどい場合は、アポトーシスする。これは細胞もそうですね。 あらゆるものがそうやってできていますから、だから愛で生きる。正義で生きる。純粋さで生きる。誠実に生きる。 不正に参加しない。それはものすごく大事なことです。 で、愛の世界を創ってゆく。また、そういうリーダーの方たちも、みんな改心し、悔い改めて、一体の中に、永遠の命を大切にする。 愛の、素粒子の命を大切にして、素晴らしい世界を創って、素晴らしい世界を創って、素晴らしいリーダーになっていただいて、素晴らしく、美しく、民を想って、美しく、リーダーの方たちも生きてほしいし、民も正義を持って、美しく、誠実に、不正なく、愛で、また、大きな許しも持って、生きていっていただきたいなと、つくづく想います。 で、ここから先は、インナーセッションということで、お届けします! それでは、リリもお休みなので、またお会いしましょう!それでは。 MARTH


6商品
  • MARTH著 愛しているから -世界中の人へ贈る愛の詩- Book&CD
    MARTH著 愛しているから -世界中の人へ贈る愛の詩- Book&CD
    3,080円(税込)
    この本や楽曲は、MARTHが愛する人を失った悲しみと愛しさから生まれたものですが、 私だけでなく世界中の人々が愛する人に今も守られ愛しまれ続けていると想うのです。 身体を失ってしまったあの人も、今もあなたのそばにいて、そっと肩を抱きしめて 永遠に愛しているのですから…。
  • それでも愛(ひとつ)であるから 永遠(とわ)に在りて在るもの 上下巻セット
    それでも愛(ひとつ)であるから 永遠(とわ)に在りて在るもの 上下巻セット
    4,888円(税込)
    そして…すべてつながっている愛の世界であることに ひとつで永遠なる在りて在るものの一部である それそのものであるということに、 そのような生き方にしか、 真の繁栄や幸せがない事に気づいていただくためにこの本は生まれました… MARTH
  • ゆるし塾  逆境の詩 CD付
    ゆるし塾  逆境の詩 CD付
    1,980円(税込)
    この本や楽曲は、MARTHが愛する人を失った悲しみと愛しさから生まれたものですが、 私だけでなく世界中の人々が愛する人に今も守られ愛しまれ続けていると想うのです。 身体を失ってしまったあの人も、今もあなたのそばにいて、そっと肩を抱きしめて 永遠に愛しているのですから…。
  • カーボンバランサー α ゴールドカラーネックレスタイプ 7m【即納可】【電磁波対策】
    カーボンバランサー α ゴールドカラーネックレスタイプ 7m【即納可】【電磁波対策】
    150,000円(税込)
    【電磁波対策におすすめの逸品】ネックレスとして身につけられるタイプ。カーボンバランサーαカラーゴールド。シルクコードにより上品さが漂います。半径 5m対応型。ロシアより、電磁波対策として航空機に搭載されている強力な薬石をプラスしました。その他、テラヘルツ、バドガシュタイン鉱石、ゲルマニウム鉱石、波動石、トルマリン、水晶など数十種の天然鉱石を凝縮したパウダーを内包した カーボンバランサー。
  • カーボンバランサー α UFO-S 7m 【即納可】【電磁波対策】
    カーボンバランサー α UFO-S 7m 【即納可】【電磁波対策】
    150,000円(税込)
    【電磁波対策におすすめの逸品】チタン製のカーボンバランサーミニサイズのSサイズ 半径 7m対応型。ロシアより、電磁波対策として航空機に搭載されている強力な薬石をプラスしました。その他、テラヘルツ、バドガシュタイン鉱石、ゲルマニウム鉱石、波動石、トルマリン、水晶など数十種の天然鉱石を凝縮したパウダーを内包した カーボンバランサー。
  • カーボンバランサー α  UFO-M  70m【即納可】【電磁波対策】
    カーボンバランサー α UFO-M 70m【即納可】【電磁波対策】
    350,000円(税込)
    【電磁波対策におすすめの逸品】チタン製のカーボンバランサー 半径 70m対応型。ロシアより、電磁波対策として航空機に搭載されている強力な薬石をプラスしました。その他、テラヘルツ、バドガシュタイン鉱石、ゲルマニウム鉱石、波動石、トルマリン、水晶など数十種の天然鉱石を凝縮したパウダーを内包した カーボンバランサー。